田舎のリサイクルはかなり不便

私の住む町はかなり田舎なので行政の体制もあまり整っていません。ここへ引っ越してくる前は割と大きな都市に住んでいたのですが、そこはリサイクルの方法もかなり便利でした。

1週間のうち、火曜日はリサイクルプラスチック、水曜日はビンカンをゴミ収集車が集めに来てくれるのです。しかも割と時間もルーズで本当は朝8時半までにゴミを出すと決まっていたのですが、だいたいゴミ収集車がくるのが10時くらいだったので、とても便利でした。私自身もなるべくゴミは減らしたい、リサイクルに協力したいと思っていたので本当に助かりましたし、絶対にきっちりリサイクルをしようと思っていました。

ゴミの分別が騒がれるようになってもう10年以上たっています。このご時世どこもこんな感じで行政もリサイクルに力を入れているんだろうなと思っていました。しかし引っ越した先は全く違っていました。

まずごみ収集車が収集してくれるのが燃やせるゴミのみなのです。分別は引っ越す前の所と同じくらい細かく指定されているのですが、自分たちで収集所に持って行かないといけないのです。しかもその日時が指定されているのですが、それが毎月第三日曜日の朝8時から9時なのです。とても不便だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です