リサイクルと日常生活について

街のあちこちでリサイクルの文字を見かけることがよくあります。

古紙回収のリサイクルボックスが設置されているエリアも多くあります。

段ボールや古新聞、古雑誌などはゴミとして捨てずに、リサイクルとして出すことでエコに協力することが出来ます。

今では幼稚園や小学校など子供達が小さいころからリサイクルを身近にい感じられるように取り組みがされているので、リサイクルへの関心や意識は強くなっています。

牛乳パックやペットボトルは学校で回収していたり、公民館や児童館、スーパーなどで回収コーナーを設けているところが多くあります。

あちこちにリサイクルとして出せる場所があるので、買い物に行く時、駅に行く途中など生活の中にリサイクルとして出すというクセを作るのも一つの方法です。

しかし、リサイクルに出すことで終わるのではなく、集められた資源ごみがどのようなルートをたどって新しい製品として生まれ変わるのか、というその後の過程にも興味を持つことが大切です。

使い捨てを減らすこと、物を大切にすることもリサイクルやエコに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です